:::: MENU ::::

松木産業の歩み

トップページ > 松木産業の歩み

松木産業の沿革

大正13年10月 松木産業株式会社創業
road_20【松木國治】
昭和32年6月1日 松木國助社長就任
road_21【松木國助】
昭和37年 航空写真
road_19 road_05
昭和61年10月 日本製紙八代工場の1号マシン停機

road_01road_02【永年勤続表彰】

昭和62年10月 松木喜一社長就任
road_22【松木喜一】
昭和63年10月 西日本製紙、坂口産業の従業員63名を迎え入れ業務拡大
road_17
昭和63年11月 日本製紙八代工場にN1マシン稼働
road_03
平成2年10月 高さ31m保管能力2,200トンの大型PPC倉庫が完成
road_06
平成6年3月 平判自包機、ギロチン、選別手包装作業が弊社に移管。従業員31名を迎え入れ業務拡大
road_18
平成6年4月 8号マシン停機
road_08【大正15年から稼働し続けました】
平成9年1月 N2マシン新設に伴う林材設備が完成。国内初のチップサイロ、トラックダンパー、受け払い出しコンベアが設置されブル押し作業が終了
平成9年12月 GPプラントの停機
平成10年1月 大型N2マシン稼働開始
road_04
平成12年10月 KP抄取荷造作業を弊社へ完全移管
平成14年11月 現場事務所が移設され今に至る
平成15年10月 新製品倉庫が完成し製品の積込、管理作業を請け持つことになります
road_09
平成23年5月 松木産業本社新社屋落成
road_13road_14
road_15road_16
平成25年8月 太陽光発電システム通電式
road_12road_11